大島紬紀行

「呉服のほていや」トップページ大島紬紀行 >大島紬の歴史・物語

大島紬の歴史

奈良時代 絹の布を織りはじめる
西暦700年頃 植物染がはじまる
西暦1720年(享保 5年) 享保5年(1720年)薩摩藩主から役人以外の島民の紬着用禁止令がだされた
西暦1729年(文政12年) 絣織物が織られていた
西暦1879年(明治12年) 商品化始まり
西暦1890年(明治23年) 針を用いた絣調整の始まり
西暦1897年(明治30年) 織機が高機に変る
西暦1907年(明治40年) 諦機開発される
西暦1915年(大正4年) 方眼紙による図案出現
西暦1924年(大正13年) 袋諦加工法の考案
西暦1930年(昭和5年) 部分的色入大島紬の出現
藍大島紬・夏大島紬・変り地風大島紬の出現
西暦1933(昭和8年) 経緯総絣式大島紬の出現
西暦1934(昭和9年) 泥藍大島紬の出現
西暦1954年(昭和29年) 多色入り泥藍大島紬の出現
西暦1955年(昭和30年) 白地大島紬生産される
色大島紬が研究発表される
変り地風大島紬生産される

大島紬の2次加工製品出現
西暦1963年(昭和38年) 草木染大島紬製品化
西暦1967年(昭和42年) 9マルキ式大島紬の開発
色図案の出現

割込式大島紬の復活
西暦1972年(昭和47年) 広幅絣服地の研究開発
西暦1978年(昭和53年) 地空き模様大島紬の開発
西暦1985年(昭和60年) フォーマル化へ、訪問着の開発・大島紬袴の開発
西暦1995年(平成7年) 大島紬の帯発表
   

大島紬物語

泥染めの誕生

奄美群島では平安の昔から上布が織られていました。はじめは自生していた麻や芭蕉の繊維でした。やがて江戸中期には桑の木が植えられ、絹がつむがれるようになりました。インドのイカットがルーツとされる絣の技法が伝来していた奄美の人々にとって、紬を織ることはたやすいことであったのでしょう。イカットというのは、マレー語で縛るとか、結ぶなど、絣(かすり)の技法を意味する言葉です。5~6世紀ごろ、インドからスマトラ・ジャワ・チモール島などのスンダ列島にひろく伝わったと言われています。

ところが薩摩藩は租税としてこの高級な紬に目をつけました。奄美大島では紬の着用禁止令(1720年)が発布され、奄美の人々は紬を着たら罰せられたというのです。美しい紬を織りながら自分では着られず、上布をまとう島民の気持ちはどんなにかさみしかったことでしょう。

そして泥染はこうした背景の中から生まれました。ある日、代官の調べを受けた農家の主婦が自分の呉服をそっと泥田に入れて隠し、後で取り出して洗ったらテーチ木で染めた茶褐色が黒く変わっていたといわれています。奄美大島の泥染紬誕生の伝説です。

大島紬は体にいい?

漢方薬の中で赤や茶色系統は婦人病によいといわれています。

大島紬の染めに使うテーチ木のエキスは茶褐色。また泥田には血行増進と保温効果のある鉄分が含まれています。
テーチ木と泥田で染めた大島紬は漢方薬と鉄分を浸こませたような織物です。

 

人気の秘密

軽くあたたかい上質の細い絹糸が素材。一反わずか450グラムしかありません。テーチ木染めと泥染の過程で糸はやわらかくなり肩に軽くあたたかいし、縮まない糸の表面をおおう薄い膜が、樹脂加工の役目を果たし外からの汚れを防ぐとともに、生地を燃えにくくしています。
糸は人の手で何度ももまれることで、しなやかでしわになりにくく、雨に濡れても縮まないようになります。また静電気がほとんど発生しないので裾さばきが良く、絹ずれの音が心地良いといわれます。

その他にも、防虫効果や防カビ効果もあり、これらはすべて奄美大島紬独特の車輪梅(テーチ木)染めと泥染めによる不思議な力です。
流行や年代にあまり左右されない帯や裾回し小物で変化をつけやすく、同じ呉服を母娘で着用したり、お嫁入りに持って来た紬が子育てが終わった頃でも着られます。

泥んこ物語

鉄をよみがえらすと書く「蘇鉄」。蘇鉄が自生している土質は泥染めに向いています。泥田の鉄分が枯れると蘇鉄の葉を刻んで泥田に埋めます。蘇鉄の葉に含まれた鉄分が泥田に溶け、再び泥染ができるようになるのです。

奄美の泥は古代地層なので、粒子が丸く細やか。だから紬の糸を傷つけずにやさしく染め上げることができます。奄美の泥でしか泥染めができないといわれる理由です。

大島紬紀行

呉服のほていや > 大島紬紀行 > 大島紬の歴史

ほていや

当サイト記載の記事、写真、イラスト等の無断転載を禁じます。