呉服の基礎知識

着物の基礎知識 >家紋について

家紋について

家紋は、黒留袖、色留袖、喪服・色無地などの紋付きの着物に必要です。

家紋の図柄のモチーフはおよそ三百から四百種ほどあり、草花の植物、建物や景色、いきもの、自然、人物、道具、そして幾何学模様など、さまざまなのもがデザインされています。植物の中では、桐、藤、桔梗などの模様が人気があります。

家紋に使われる紋様は古来、中国大陸から輸入されたもので、やがて貴族の間で定着していきました。戦国期にはいると戦闘のさいに敵味方を識別 する印として武家の間にも広まりました。私たちが現在使っているは家紋の多くは、武家紋がその起源といわれています。

着物の種類によって、家紋を付ける場所と数は決まっています。例えば、黒留袖は背縫いの中央に一つ、両外袖と両胸元に一つずつの合計五つの家紋が配置されます。これを五つ紋と呼んでいます。色留袖の場合は、背縫いの中央に一つ、両外袖に一つずつの計三つ、また、裾模様風の訪問着には背縫いの部分に一つ入ります。家紋の数が多いほど、より格式の高い装いとなります。

  • 銀杏紋
  • 井筒・井桁紋 
  • 梅紋
  • 扇紋
  • 沢瀉紋
  • 柏紋
  • 方喰紋
  • 桔梗紋
  • 亀甲紋
  • 桐紋
  • 桜紋
  • 鷹の羽紋
  • 竹・笹紋
  • 橘紋
  • 巴紋
  • 引両紋
  • 藤紋
  • 菱紋
  • 星紋
  • 牡丹紋
  • 松紋
  • 茗荷紋
  • 目結紋
  • 竜胆紋

呉服の基礎知識

ほていや

当サイト記載の記事、写真、イラスト等の無断転載を禁じます。