呉服の基礎知識

着物の基礎知識 >着物のたたみ方

1

着物を汚さないために、大きなたとう紙か風呂敷などを敷いた上で着物をたたみましょう。
なければ、できるだけ汚れにくい場所でたたみます。
自分から見て裾が右、衿が左にくるように広げて置きます。

2

下身頃の袖を着物の下へ折り込みます。袖付け線の両端を持って折ります。

3

下前身頃(下側になっている前身頃)をわき線が直線になるように整えます。

衿先の端と衿の上端をつまんで折ります。

4

衿の上端と衿先をつまみあげて、手前に折り返します。

5

袵(おくみ)を手前に折り返し、裾線が直線になるように整えます。

6

衿の上端と衿先をつまみあげ、重ね合わせます。

7

衿を折り目に沿って整えたら、褄下も引き寄せて揃えます。

8

袖付け付近と裾を持ち、わき縫いを重ねるように引き寄せて揃えます。

9

左袖を身頃に揃えます。

10

裾を持ちあげ、身頃を折ります。

8

しわが寄っていないか確認し、たとう紙に入れて収納します。

呉服の基礎知識

ほていや

当サイト記載の記事、写真、イラスト等の無断転載を禁じます。