呉服の基礎知識

着物の基礎知識 >お手入れ方法

家紋について

着物はお手入れの方法ひとつで、何十年でも着ることができます。
親から子へ、またその子へ・・・。思い出と共にいつまでも美しい着物が伝えられるようお召しになった後の着物のお手入れはしっかりとしておきましょう。

大切な着物を、いつまでも美しく長持ちさせるために...・。
気をつけておきたい保管方法やご自分でできるお手入れ方法をご紹介します。

保管方法

湿気対策

「湿気対策」着物を保管するときに気をつけることは、まず第一に、湿気をさけるということです。

例えば、着物を着たあとは生地が汗を含んでいるので、風通しの良い日陰で一時間くらい干してください(長時間にわたって日陰干しすると、生地がたれる原因になります)。

また、タンスなどにしまう場合は、定期的に引出しをあけて風通しを良くして、タンス内にこもった湿気を取り除きましょう。 紙や布を着物の間に、はさむと湿気によるダメージを予防できます。

湿気取り器を置く場合には、容器の交換を頻繁にしましょう。長期にわたって交換しないでおくと、水分が湿気取り器内にたまり、これが着物に染みをつくる原因になることがあります。

防虫剤の使用

防虫剤を使用されるときには、次の二点に注意しましょう。

防虫剤は、着物から離れたところに紙に包んで置きましょう。
防虫剤は虫よけのガスを発生することによってその効力を発揮します。しかし、このガスは大切な着物を傷める原因にもなります。
例えば、ガスによって金糸や銀糸などの金属糸(刺繍・泊・紋の部分)が黒く変色することがあります。
変色を防ぐために、金属糸の部分にあて紙をしてください。

二種類以上の防虫剤の併用をさけましょう(匂い袋も防虫剤になります)。
種類の異なる複数の防虫剤をお互いに近づけて置くと化学変化をおこすことがあり、金属糸などが黒く変色する傾向が強まります。
また、着物のたたみ目の外側の部分は(たたみ目は、ガスの出入りが多い)特に変色しやすいのでご注意ください。

保管方法

衿、袖口、裾の裏などが一番汚れやすい場所です。また、膝の前、袖の袂、胸元なども注意が必要です。

汚れてしまったときには、乾いた布で表面を軽く叩いて拭き取ってください。ベンジンなどを使って強くこすると汚れを広げてしまい「輪じみ」の原因にもなるのでご注意ください。

また、汗などで汚れやすい夏物や単衣の脇の下は、特に輪じみのできやすい場所ですのでこまめな管理してください。

汚れがひどいとき

応急処置を施してもまだ汚れが目立つときや汚れを完全に取り除きたいときは、専門店(呉服販売店など)にご連絡ください。

専門店では丸洗い又は生洗い(いけあらい)、染み抜き、洗い張りなどの技術で着物の生地を傷めずに汚れをきれいに落せます。

汚れがひどい場合には、染め替えによって、着物をもとどおりの美しさに、また、防水加工を施すことにより、汚れを予防することもできます。

呉服の基礎知識

ほていや

当サイト記載の記事、写真、イラスト等の無断転載を禁じます。